MENU
各国の交通文化の違いもありますが、「高視認性安全服」を着用することへの認知・普及の違いとも考えられます。
こちらは日本国内の歩行中の事故に関してのグラフですが、特に7歳が目立って多く、
小学校入学時期の子供は特に気を付けなくてはならないことや、加えて、
中学生くらいまでは自転車での事故も多いと言われています。
こちらの折れ線グラフは事故発生の時間帯を示しているのですが、
日中から夕方にかけて、自動車がライトをつけるつけないの狭間の時間帯で、
学校や塾の往復をする中学生の事故が多くなっていることが想像できます。
昨今、お散歩中の保育園児が交通事故に遭うこともあり、
お子様から中学生くらまでは、高視認性安全ベストを着用することで、
交通事故件数を減らせると考えます。
このカッコの中の数字は、事故件数に対し亡くなった子供たちの人数です。
FPベスト(子供用)

OPEN価格

BtoBお問い合わせ

サイズ:S(100)/M(120)/L(140)

FPベスト(大人用)

OPEN価格

BtoBお問い合わせ

サイズ:フリーサイズ

PAGE TOP